歯周病は歯を失う1番の原因です

歯周病は、初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、「口臭がきつい」「朝起きたとき口の中がネバつく」といった症状が出るころにはすでに重症化しているケースが多い病気です。そして、30代以上の成人の8割、小中学生の5割がこの歯周病になっている、もしくはその予備軍ともいわれています。定期的な検診とセルフケアで口腔内の健康を守っていきましょう。

歯周病チェック

あなたは歯周病にかかっていませんか? 以下をチェックしてみてください。

いかがでしたか? 一つでも当てはまる項目がある場合は、歯周病の可能性があります。なるべく早く歯科医院で診てもらいましょう。一つも当てはまらなかった場合は、今後もケアを継続していきましょう。当院では予防歯科にて検診・専門的なケアを実施しております。

歯周病の進行段階

進行段階 症状
軽度
軽度
歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)の深さは3~4mmで、歯周ポケットに歯垢・歯石が溜まっている状態。歯茎が腫れたり歯みがきの際に出血したりすることがある。
中等度
中等度
歯周ポケットの深さは4~5mmで、歯・歯根部分に歯垢・歯石が付着している状態。口臭が発生し、顎の骨に炎症が波及し始めているため歯を動かすとやや揺れる。
重度
重度
歯周ポケットの深さは6mm以上で、歯・歯根部分に多量の歯垢・歯石が付着している状態。口臭がきつくなり、歯茎が下がって歯の根がむき出しになる箇所が出る。また、顎の骨が溶け、歯がグラグラする。

歯周病の治療方法

歯みがき指導
歯みがき指導
歯周病治療の基本中の基本です。歯磨きが正確に出来なくては歯周病の治癒はありえません。きちんと歯みがきができれば、ごく初期の歯周炎なら治癒できることがあるのです。とはいえ、自己流の歯みがき方法は適切な方法とはいいきれません。そこで当院では個々の口腔内状況に合わせた正しい歯みがき方法を指導いたします。
スケーリング
スケーリング
軽度歯周病に対して行います。歯周病の原因である歯垢・歯石は歯みがきではなかなか取り除けないもの。様々な道具をつかい歯に付着した歯垢・歯石を除去します。なお、スケーリング後は一時的に冷たい物がしみたり、歯が長くなったように感じたりすることがありますが、こびり付いていた歯垢・歯石がなくなった証拠ですので心配ありません。
ルートプレーニング
ルートプレーニング
主に歯周ポケット内の奥深くにこびり付いた歯垢・歯石を除去します。同時に、スケーリングでざらついた歯面をツルツルに仕上げることができ、汚れの再付着を防ぎます。
歯周外科手術
歯周外科手術
スケーリングやルートプレーニングだけでは改善しない様な中~重度の歯周病に対して行なっています。主に歯肉の形状を改善することにより、そのままの形状では抜歯になってしまう歯を助ける目的で行います。ほとんどの患者さんは術後の痛みはほとんど気になりません。

正しい歯並びの重要性

歯周病になる直接の原因は歯周病菌ですが、「歯並びの乱れ」も原因の一つです。乱れた歯並びだと歯みがきが十分に行えないため、どうしても歯垢・歯石が残ってしまいがちになるのです。なお、歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなり、筋肉や骨格など体全体にも悪影響を及ぼすことも。「歯並びが悪い」「ものを噛みにくい」という方は、矯正歯科でのご相談をおすすめします。

【院長より歯周病治療に関するメッセージ】

歯周病は初期症状が乏しいため、知らないうちに悪化してしまいがちです。「ちゃんと毎食後磨いているから大丈夫。」 本当ですか? 歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間の根元の辺り、爪でこすって見ると汚れが付いてきませんか?ちょっとでも残っているような磨き方ではだめです。歯間ブラシやフロスを使っていますか? 聞いた事もないですか? 大問題です。きっと大変なことになっています。「電動ブラシを使っているから大丈夫。」 本当ですか? 当医院に来ていただいている患者さんで電動ブラシで正確に磨けている方はまずいません。磨きすぎになってしまっている患者さんはたくさんいます。当医院では電動ブラシは特別な場合を除いてお勧めしていません。正確な歯磨きは虫歯予防や歯周病予防の基本です。ぜひお話を聞いてみてください。納得して頂けるはずです。