子供のお口を守るためにできること

お子さんの口腔内の健康を守ることは保護者の方の大切な役割です。石崎歯科医院では、子供の歯や顎の発育について保護者の方とじっくりお話をし、適切な予防処置や自宅でのアドバイスなどをご提案いたします。

小児歯科のメリット

メリット 01. 成人してからも健康な歯でいられる

乳歯のうち(幼稚園~小学生の間)からしっかり虫歯・歯周病予防の習慣や正しい歯磨きの方法を身につけることは、幼稚園~小学生の間にしっかり歯がみがけるようになれば大人になってから虫歯や歯周病になることを激減できると思います。成人してからの習慣や口腔内環境を大きく左右します。

メリット 02. 成長を利用した治療ができる

矯正治療などでは、顎の発育を利用しながら治療できます。

メリット 03. 早い段階で原因を除去できる

骨格や歯の発育に影響を及ぼすクセや習慣を、早い段階で発見・回避できます。

石崎歯科医院の定期検診メニュー

虫歯や歯周病になると、最悪の場合、歯を失ってしまうことがあります。そのため、できるだけ早めに悪い場所を見つける必要があります。また、虫歯や歯周病は治療した後も再発しやすい病気です。

歯の健康を守るために、当院では定期検診の受診をおすすめします。定期検診では、虫歯や歯周病、歯肉炎の有無をチェックし、噛み合わせに異常がないか・食生活に問題がないかを確認するほか、お口の健康維持をサポートする以下のようなメニューをご用意しています。健康なお口を長く維持するために、積極的に定期検診にお越しください。

歯みがき指導
歯みがき指導
歯の生え方に応じて適切な歯みがきの仕方・歯ブラシの選び方などを指導いたします。保護者の方には仕上げみがきの方法もお教えします。
フッ素塗布
フッ素塗布
最後に歯質を強化し、虫歯になりにくくする効果のあるフッ素を歯に塗布します。乳歯や生え始めの永久歯に効果的です。
シーラント
シーラント
奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めます。食べかすが溜まりにくくなり、歯みがきの際の磨き残しも少なくなり、効果的に虫歯を予防できます。

小児矯正について

小児矯正について

子供の矯正では、顎の成長をコントロールしながら治療を進めていきます。矯正そのものは成人してからも行うことができますが、小児のうちから治療することでより理想的な歯並びにができます。

小児矯正のメリット
  • 抜歯の可能性を最小限に抑えられます。
  • 顎の成長をバランスよく保ちながら進められるので、成人の矯正より仕上がりがよくなります。
  • 乳歯を抜歯するタイミングをコントロールできるので、悪い方向に生える歯を減らせます。
  • 成長時期に噛み合わせの改善を行うので、顎の変形を防げます。
  • 小児矯正をしておくことで、成人後に手術を伴う治療の可能性を低くできます。
  • 小児矯正しておくことで、成人後に非抜歯での治療が可能になることがあります。
  • 本格的な矯正治療が必要になった場合でも、治療期間が短縮できることがあります。
  • 乱れた噛み合わせによる歯のすり減り、顎の負担を軽減できます。
  • 小児期のコンプレックスを解消できるので、正常な精神的発育を促します。
石崎歯科医院の取り扱い小児矯正装置
メタルブラケット
メタルブラケット
一般的に使用される金属製の矯正装置。金属色が目立ちますが、丈夫で低価格での治療が可能です。
セラミックブラケット
セラミックブラケット
セラミック製の矯正装置。セラミックは歯の色に近いため、目立ちにくくなっています。費用はやや高くなりますが、治療効果はメタルブラケットとほぼ変わりません。

【院長より小児歯科に関するメッセージ】

子供の歯に関して、「学校の集団検診を受けているから大丈夫」と満足していてはいけません。集団検診で異常がなくても、実際に歯科医院に相談してみると虫歯が見つかるケースは少なくないのです。当院では検診の際には歯のクリーニングを全て行った上で虫歯のチェックをします。汚れ(歯垢)に虫歯が隠れていることも珍しくありません。お子さんがお口の異常を訴えなくても保護者の方が虫歯がないと思っても、定期的に検診に来ることをお勧めします。また、歯が生えてこない・生え替わらないなど、お子さんの歯に少しでも不安に感じることがあればお気軽にご相談ください。